So-net無料ブログ作成
検索選択

第17回国際鉄道模型コンベンション3 [出来事]

皆さん、あけまして・・すでに3ヶ月。
なのですが、去年の出来事を思い出すためにも
まずは記事を書こうかと。


いやはや、JAMなんて大きなイベントは年一のペースでも
かじりつくのがやっとこさっとこでして、気が付くともうホテルの予約シーズンに・・
ちょっと早いか(^^;

毎年、会場で暖かくワイワイと楽しませてくれる方が
全国各地から集うんですが、もうミスターJAMと言っても良いでしょう、
鉄ちゃん倶楽部さんです。

160831-31.jpg

当日は新作モジュールの踏み切りがあり合わせだとか
レールが照明の熱で延びて破損気味だとか
ぶつぶつ言いながら忙しそうでした(^^;

160831-32.jpg

良く考えるとそうなんですよね、モジュール寸法が大きくなると
レールの伸縮が悩みの種なんですよね。
まして橋梁区間のモジュールだと強度確保が難しくてね。
と、知ったような口ぶりで言ってますが
実は良く分かってません。(・ω・)

160831-33.jpg

毎年会場をチェックしてるわけではないので知らないんですが
この会期中の出展作品に上越線の作品が多い気がしました。
作者さんとはお会いできてないんですが、上州モントレーラインさんの作品で
利根川第三橋梁です。

160831-34.jpg

う~ん、この作品のダイナミックさは、目の前にしてみないと
こんな画像じゃ伝わらないだろうなぁ。
大型モジュールだったのでてっきり倶楽部チームだと思っていたんですが
後日発刊された記念誌を見てビックリ・・
個人さんでした・・オミソレシマシタ。

160831-35.jpg

一時期、学校のサークルさんが多くごった返していた頃もあったんですが
今期も何校かいらっしゃいまして、中でも関心したのが
この日本大学豊山中高の鉄道部さんの作品。

160831-36.jpg

御茶ノ水を再現された巨大モジュールで、どうやって分割してんの?
ってききたいくらいの規模なのに、満遍なく造作の統一感があって
スンナリ目に入ってきました。

160831-37.jpg

私なんかがこう言うモジュールやりだすと、
手の抜き方と言うか、特徴を捉える能力が低いというか
決定力がないと言うか、・・まぁ、ハードルを自分からあげて
完成できない。と言うか・・

あ、・・
知ってますか?(大爆笑)

まぁ、部活と言う混沌とした学校の中での作品としては
この作り方は上手いですね。

160831-38.jpg

私なんかには到底できないこの都会の風景・・
ご馳走様でした。(^^;

と、何回かに分けてなんとか記事にしましたが
意外と覚えてるもんですね。

「百聞は一見にしかず」
去年の9月の段階でしっかり画像をまとめて残してあったおかげで、
一目瞭然でした。

さてさて、今年度も今日でおしまい。
心機一転4月から頑張っていきましょう♪


えと・・・今期JAMは8/18~20までです。

え。と。ちょうど140日です♪

あと140日です☆

(≧▽≦)


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。