So-net無料ブログ作成
検索選択

JAM出展準備ドタバタ1 [ストラクチャー]

どれだけぶりのブログ更新になるのか
そんなことにはそれほど興味ないのですが
出展側に立つ事になるのは
そうです、3年ぶりです。

何年か前に出展側の辛さが目立ってきて
一旦休憩しよう・・と我らやま電チームは
客の立場になっていたんですが、
なんとか今期は出展側に復帰することになってました。(^^;

報告が遅れて申し訳ない気持ちもあるのですが、
いかんせん別件の地元の音楽イベントの取りまとめやら
モタモタやってて・・(言い訳中略)・・
・・ブログってのは厄介です。(爆笑)

160819-1.jpg

えーっと、とりあえず何年も放置になっていた状態を展開させて
どうしても脱線を繰り返す「宮ノ下登坂入線部分」を
検証してみてたんですが、全くその脱線現象が起きず。(・ω・)

会場では頻発する脱線事象が、なぜ自宅では起きないのか不思議でならん・・・
とまぁ、対策の取りようがないので保留。

できるところ工作進めます!!

160819-2.jpg

せめて屋根だけでもできればイメージがわかりやすいだろうと
切り出しして既成事実を積み重ねる魂胆です♪

160819-3.jpg

やりはじめると、サクサク行きますね。
それはもちろん、測量データがしっかりあるので、
悩む必要もないのでね。(^-^)

160819-4.jpg

屋根だけで独立して保管できるところを
パーツとして準備していきます。

この屋根は比較的新しい感じがしますね。

宮ノ下セクションのスタイロ地形構造の関係で
下の棟から攻めてみることにしてます♪

160819-5.jpg

実は、ツイッターの方ではリアルタイムにアップして
グチってたり萌えてたりしてたんですが
窓の開口加工ってのが苦手でして・・(--;

160819-6.jpg

前職は内装家具職人だったのですが、
建築現場の内装でもコンセントの開口加工やら
とにかく嫌いでした(^^;
どうしてもこう、ミスするとか・・ヘタすると怪我するし・・

160819-7.jpg

で、ブチブチこぼしながら一つ開口。

世の中、探せば良いツールってのがあるのかもしれませんが
私は、この3点で荒加工を済ませてます。
ドリルと角ヤスリと狭小ノミ・・もちろん、平ヤスリとカッターも使いますが
その段階になれば、微調整の域なのでそこまで労力ではないです(^ー^)

160819-8.jpg

窓のクリアパーツはこばる製。
さすが、モデラーの本人が設計した製品だけあって
割れ難いしなやかな素材で、ちゃんと考えられてますね♪
・・・と、褒めておく。(爆笑)

160819-9.jpg

とりあえず、組上げてみて雰囲気確認。

独立して見るだけではなかなかイメージ確認が浅く
いざ隣と並べてみて発覚するミスもあるだろうと
隣も加工開始してみましたが、なんとも想像以上に難航。

160819-10.jpg

データで見てた段階ではそのスケールの小ささを実感できていなかった・・。

そうかー、指でつまみ難いサイズになってるんだね。

160819-11.jpg

一見、単純構造で取っ付きやすそうだったけど
これは面倒だ。

160819-12.jpg

で、この部分を接着して、ハタと気がつきました。


・・・・・


そうだ、塗装の事を忘れてた。


・・・・・・

その、大屋根と小屋根の隙間・・・どうすんの?


(≧▽≦)



と、作業開始3日間でこのあたりでまで進みました♪

仕事が開店休業状態だったのでね。(^^;


160819-13.jpg


ふと翌日、部屋に入るときに気がついたんですけども・・・

良い環境です♪

いずれ近いうちにここから引っ越してしまう予定なのですが
この部屋は狭いけど・・ふ雰囲気良いな♪

3年目にしてやっと発揮した環境・・・・・(大爆笑)


てなわけで、JAMの設営完了したホテル住まい初日に
過去の記事を書きました♪


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。