So-net無料ブログ作成

カメラ [アイテム]

カメラと言うとデジカメやビデオカメラなのでしょうが
私の場合、USBカメラや小型カメラです。
Nゲージを再起させるきっかけのひとつが
ネットに公開されていた動画だったのです。


まず、鉄道模型をはじめようと思った時にさかのぼると・・・
ネットで公開されている動画や画像を見て
「わ☆俺もやりてぇ・・♪」
と思ってしまうのは私だけでしょうか。

私が鉄道模型に興じていた20年前当時は
カメラなんてものは皆無、当然ネットなんてものは
テニスかバレーボール・・釣りのタモでしか見たことはありませんっ!(爆笑)

さて、“右に倣え”と言わんばかりにカメラカーの導入です。
ですが、ネットでちゃんと事前情報を収集しておきましょう。
YOUTUBEでその映像を確認すると決まってカーブの外側が映っています。
しかしですね、NICONICO動画で発見したのはチョット違いました。
首フリでしっかり追従しているではありませんか。

そりゃ、私もその機構を模倣するわけです。当然です( ̄^ ̄)

01001-1.jpg

これはひとまずの材料たちです。
左側にはおなじみのトレインスコープですね。
その上にある充電池はその電源候補のひとつですが、うまく行くかはわかりません。
購入前には、先輩であるりょうさんに相談して、
画角(撮影範囲角)をチェックしていただきました。m(_ _)m

映像機器の情報を調べてみると、
「駆動系の電源と映像系の電源を共用してしまうと
ノイズの処理に困るのが世の常・・」らしく、この鉄道模型の世界も例に漏れず。
カメラカーをこしらえている先輩方々のネット公開情報を総合すると・・
「レールからの給電を受けるな」
「充電はしっかりしろ」
「車輪はプラに限る」
だそうです。(^^;

その前に心配しなければいけないこともあるのですが
それは最後に書きます。

で、カメラユニットの下には見慣れた台車が映っていますが
こいつらを使ってトレインスコープを走行させるつもりで寸法その他要素を
考察、CADで製図(イメージング)です。

・・・・面白くないのでその作業報告は省略・・・・・(爆)

私の目論見は、
先頭展望もさることながら、編成を入れ替えて中間の連結面を撮影できること・・
先頭展望は首を振ってカーブの内側を見れること・・
この二つです。

連結面を撮影できる環境と言えば、カプラーの問題もあるので
画像右上にあるようにTOMIX製のボディマウント密連伸縮カプラーを使っての実験です。
台車は、なぜか手元にあるKATO製のを使って、首フリ台車化を目指します。

しかし・・

01001-2.jpg

これがまた走行テストにクリアしてくれません。(泣)
何が原因かと言うと、ダイナミックな伸縮カプラーの動きのようですが
「Sカーブを通過できません」+「プッシュ走行でのカーブが不安定」状態です。
今後の課題ですね( ̄^ ̄)

と、今となって気になるひとつ・・・
小型で安価なカメラにはイメージセンサーとしてCMOSが採用されています。
有名なCCDもありますが、ちょっと高いのが難点ですが撮影感度が高くて
暗い箇所でもノイズが少ないのが特徴らしいです。
CMOSに悪い印象がありますが、携帯のカメラなんかはほとんどCMOSらしいです。

で、こんなものを作ってみました。

01001-3.jpg

電池で駆動するチップLED発光基盤です。
これの役目は、「カメラが上手く撮影できるか?」のテスト基盤です。
これを早速トレインスコープで撮ってみたところ、意外に色が明るすぎて
真っ白に飛んでしまいました。・・・残念(^^;
でも、ご安心を!!その対策は、以下の通りっ!!
電圧を下げて(保護抵抗を大きくする)みると、
それなりに色が認識できました♪

う~ん、こうなるとジオラマに組み込むカメラでもテストが必要ですね。

と言うわけで、秋葉原行き決定です☆
私の住む金沢では小型カメラの販売店が皆無なのです。
ホームセンターに多少の展示品がありますが、どれも大ぶりなものばかり。
・・・さらに、秋葉原の店頭なら店員さんも親身に対応してくれるはずです。

こりゃ、燃えます!!(^ー^)


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。